結婚は鎌倉時代までは、「婿入り婚」だったと聞きました。
起源はイザナミとイザナギの夫婦の誓いがはじまり。源氏物語にも記述があるようです。

ところが江戸時代になると逆に「嫁入り婚」になり女性が男性の家に嫁ぐという現代の
形になったようです。

そして「結納」ですが、家と家の結びつきと考え贈答交換が主な目的でしたが、働き手の女性の
代償的な意味を含んでいたとも言われます。さらに、婚姻が破綻した場合の保証金でもあったようです。

特に女性を尊重する気配りから生まれたしきたりだったと言えるかもしれませんね。
日本の心配りは最高ですね!

和育エバンジェリスト© 木村 佳代