某小学校で茶道体験授業を

行ってきました。

茶道をお盆の中で簡単にできる【略盆点前】を実践

お茶に必要な道具(茶筅、茶杓、茶杓など)を

所定の位置に動かし、お手前を進めていきます。

子ども達には、お盆を時計として見てもらい

お茶碗の中に入っている道具を

9時の場所・12時の場所・3時の場所に

一つ一つ置いていきます。

また、お茶をいただくときには茶碗の正面が

とっても大切になるため、正面がわかるように

赤いシールを貼り、反対側には緑のシールを貼りました。

「赤いシールが見えるかな~」

「お友達の茶碗は緑が見える?」と茶碗の正面を

確認してもらいます。

お茶碗に少しずつお湯を入れてお点前を始めます。

教室にお茶の香りが漂います。

先生も一緒にいただきながら
感想を一人ずつお話ししてくれました。
「美味しかった!」
「苦かったです」
「まだシャカシャカやりたいです」
日本の伝統文化に触れ子ども達と
心がひとつになったような気持ちになりました。
ありがとうございました